2018年5月18日更新

疲れ

夏でも寒いのはどうして??生活習慣に隠れた冷えの原因とは?

暑さが厳しい夏であっても、カラダの冷えに悩む女性は多いですよね。

暑い季節でもカラダが冷えてしまうことは、メカニズム的にもなんだか納得できない症状…。

今回は、夏にもカラダが冷えてしまう原因がライフスタイルにあることをわかりやすく解説します!

夏にカラダが冷える…!その症状とは?

冬の場合は、湯たんぽやひざ掛けなどでカラダを冷えを緩和することができますが、夏でも同じように冷え対策をしなければならないことが、専門家によって提示されています。

夏は、エアコンの冷気をダイレクトに浴びたり、冷たい飲み物の摂取によって、カラダが常に冷えた状態になります。

この冷えは、血流や血行の流れを不安定にし、水分代謝が悪くなることで頭痛やめまい、むくみなどの症状がさらに併用されてしまいます。

夏の冷えは、秋・冬とそのままにつながってしまうため、一年を通してカラダが寒く感じてしまうのです。

夏冷え改善のコツとは?

暑い季節は、カラダの一部分は火照っているのに、手足だけが冷たいといった状態もめずらしくはありません。

寒さを感じるパーツを温め、快適な夏を過ごすための冷え対策をしっかり学んでみましょう!

部分温活!

夏は、足や手、首の後ろや肩など、ときに痛みや痺れを感じるパーツを温めると、冷えと一緒に不快な症状を改善することができます。

部分温活であれば、カラダが暑く感じているパーツに負担をかけないため、心地良い気分で冷えを解消できます。

自律神経を整えるライフスタイル

良く耳にする自律神経とは、カラダの温度を安定させる機能を担っています。

少し早めに就寝・起床したり、ストレスを早めに解消するなど、自律神経に良いライフスタイルを送ると、この機能が安定し、カラダ全体の体温が一定化します。

ファッションアイテムを上手に選ぶ

今では、長袖であっても夏使用のファッションアイテムが多くラインナップされていますよね。

長袖でも、コットンやクールビズに特化されたファッションアイテムを身につけておくと、冷えはもちろん女性が気になる日焼けの予防にも役立ちます。

予定がなく、お家にいるときだけでも、温活を意識した服装で、表面からダイレクトにカラダを保温しましょう。

~おわりに~

夏の冷えは、一年中の冷えにつながってしまうなんてショッキングでしたね。

だからこそ、この時期の冷え対策が重要なポイントとなり、適切なケアで秋と冬も、ぽかぽかに過ごせることを忘れずにいましょう!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でモテジョをフォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします