2017年10月31日更新

ダイエット

MCTオイルと他のオイルの違いって?

MCTオイルの良いところ

100%中鎖脂肪酸でできている

MCTオイルは100%中鎖脂肪酸でできています。ココナッツオイルは約60%の中鎖脂肪酸でできているので、それより比率が高くなっています。中鎖脂肪酸は摂取してから、すぐにエネルギーとなるので、体脂肪として、身体の中に残らない仕組みです。なので、中鎖脂肪酸を積極的に摂ることによって、痩せやすい身体になることができます。

満腹中枢を刺激し、食欲も抑えられる

MCTオイルを摂取することによって、食欲を抑えられることが分かっています。なので、間食を減らすことができ、痩せやすくなると言われています。

オリーブオイル・ココナッツオイルについて

オリーブオイルとココナッツオイルの違いとは?

オリーブオイルは長鎖脂肪酸でできていて、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸でできています。長鎖脂肪酸は余った分が皮下であったり、内臓に蓄積されるという特徴があります。その点、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は体内に蓄積されることがありません。

MCTオイルはネット通販で買えます

ネット通販で気軽にゲット!

MCTオイルは店頭で購入するより、便利なネット通販で購入するようにしましょう。価格帯も450gあたり2,160円程度で購入することができます。

MCTオイルを上手に使うコツ

加熱調理はNG

MCTオイルダイエットは、ただMCTオイルを摂取するだけではありません。上手に使用するためには、1回の食事で大匙1杯という量を守るようにしましょう。それ以上でもいけませんし、それ以下では効果があまり期待できません。またMCTオイルは加熱調理に使うのではなく、ドレッシングとしてサラダにかけたり、豆乳に混ぜてそのまま飲むなどがおすすめです。また一度に大量に摂取するのではなく、毎日少量ずつ飲んだ方が効果が高まります。

MCTオイルは生の状態で摂取するべし

そのまま豆乳に混ぜて飲むのがGOOD!

加熱調理には向いていないMCTオイル。ただそのままオイルを飲むのに抵抗がある方は、豆乳に混ぜて飲むのが良いでしょう。それに飽きてしまったら、サラダにかけて食べるのも良いと思います。

まとめ

100%中鎖脂肪酸でできているMCTオイルのダイエット効果に期待が高まっています。加熱調理ではなく、加熱をしないで生の状態で毎日少しずつ摂取していきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でモテジョをフォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします