2017年9月5日更新

メンタル

自分磨きは永遠の課題。女子力アップの定番3つ

せっかく女性に生まれたのだから、人から素敵な女性と思われたい。自分自身を高め、極めていきたい。憧れの存在である30代・40代・50代になりたい。
女子力をアップし、自分に磨きをかけるのはここで終わりというものが無く、永遠の課題であるもの。
逆を言えば、そのように自分を磨いていこうという向上心があれば、いつまでも若々しくいられることが出来、充実した毎日を過ごせることが出来ます。
より自分を磨き、女子力アップするためには、外見だけを磨くのではなく、内面も磨いていく必要があります。
ちやほやされているのは20代まで。30代になれば大人の女性として周囲の目も厳しくなります。あまりに世間知らず・大人のマナーを知らなすぎは通用しなくなり、陰で笑われてしまいます。
30代以降の女子力をアップさせる定番ながらも大切な事は何なのか定番3つをご紹介しましょう。

その1  言葉遣い・マナーを身に着ける

素敵な女性というのは、その時・その場所に置いてベストな言葉遣い・マナーを心得ています。30代からは「知らなかった」では済まされない事ということが増えてきます。
社会人としてきちんとした言葉遣いとマナーを身に着けていれば、どこに行っても恥ずかしく無いですし、恥をかかずに、ここぞというとき周囲からは一目置かれる存在となれます。
冠婚葬祭の時、来客の時、食事の時、電話に出る時などは評価が試される時です。
マナーや常識会話の本やマナー教室、動画などを利用し、時間のある時に少しずつ身に着けておきましょう。

その2  新聞や読書で知識を身に着ける

30代を過ぎると仕事をしていると上司や取引先など大切な方と会話することが増えてきます。こういった時に日頃から新聞や読書で知識を身に着けておくと、会話についていけないということが無く、「こいつはできる」と相手に思わせることが出来ます。
知識を自慢するように会話するのは逆に嫌われてしまいますが、そうではなく、自然とさりげなく話すことが出来るのがコツです。会話に幅があればどこに行っても自分自身も安心ですし、聞き上手、質問力のある女性は人から好かれ、異性と接する場合にも好感度が高く、
大いに役立ちます。

その3  自分に合った無理の無い運動を続ける

メリハリボディ・体力維持・健康維持のためにも自分に合った無理の無い運動を続けることはとても重要。適度な運動は美容にも良く、精神面や行動力を高めるためにも必要です。
30代以降は若々しさを保つためには日頃からの積み重ねが大切。その場だけの取り繕いはすぐにばれてしまいますし、年齢を重ねるごとに、怠けていれば肌や体型などにその結果が表れやすくなります。無理なく、楽しく思える運動を習慣づけ、女子力をキープし、よりアップさせましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でモテジョをフォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします