2017年2月5日更新

ダイエット

同じ食生活をしても太る人と太らない人がいるのは何故?太らない食べ方とは

一緒の食事をしていても、太る人と太らない人がいますよね。同じものを食べているのにどうして?と思いますよね。実は食べる順番、食べ方に違いがあったのです。日頃から太らない食べ方についてご紹介いたします。

①食べるタイミング

太らない食事には、食べるタイミングがあります。人間の体には、血糖値が下がる時間帯と上がる時間帯があり、血糖値が下がる時間帯に食事をすると、体に余分な物が溜まりにくくなります。

血糖値が下がる時間帯【6時〜7時頃・10〜11時頃・16〜17時頃】

血糖値が下がる時間帯に合わせて食事をすると、消化がスムーズになり脳も体もすぐに活性化します。

②食べる順番(1日編)

食事をする際、食べる順番を意識すると痩せやすくなります。
食べ物は大きく分けて、炭水化物・タンパク質・食物繊維に分けられます。
体内でブドウ糖に変わる炭水化物は、消化に6〜8時間ほどかかり、腹持ちも良いとされています。ですから、炭水化物を朝摂り残りをお昼と夜に食べると良いでしょう。
例:朝ごはん(ご飯やパン)
昼ごはん(肉や魚、卵、揚げ物)
夜ごはん(野菜中心、果物)
1日の食べる順番を変えることで、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなり、痩せやすくなるというわけです。

③食べる順番(1回分の食事編)

先ほどは1日の中での食べる順番でしたが、1回分の食べる順番を変える事でも、太りにくい食べ方に出来るのです。
では、順番を説明していきます。
1.味噌汁やスープ
2.野菜類
3.タンパク質
4.炭水化物
まずは、スープ系を食べ始める事でお腹を膨らませ、食べ過ぎや早食いを防ぎます。
そして、炭水化物とタンパク質は太りやすく、たくさん食べてしまいがちなので最後に食べます。

太りにくい食べ方の順番は、日頃から出来るので意識してみましょう。好きなものから食べたくなってしまいますが、順番を変えるだけなので、好きなものもしっかりと食べる事ができます。たくさん食べているのに痩せていると羨ましく思いますよね。みなさんも、周りから羨ましく思われましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でモテジョをフォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします