2017年8月1日更新

ダイエット

冷えを改善しながらダイエットを成功させるための「野菜スープダイエット」

女性の多くが抱える、体の冷えによる悩み。手足が常に冷たく、むくんでしまう方もいると思います。体の冷えはダイエットの妨げとなるので、どうにかしたいですよね。そんな冷えを改善しながらダイエット出来るのが「野菜スープダイエット」です!今回は、野菜スープダイエットとはどんな方法なのか、成功させるための秘訣をご紹介いたします。

野菜スープダイエットとは?

野菜スープダイエットは、簡単に言ってしまうと、「1日の食事の中で野菜スープを摂り入れる」というダイエット方法です。
1日3回の食事のうち、1食分に野菜スープを摂り入れます。例えば、朝ごはんとお昼ごはんをいつも通り食べて、夜ごはんは野菜スープと通常のおかずやご飯を食べます。

野菜スープダイエットの効果

水分が多いので満腹感が得られる

野菜スープは、ほとんどが水分と野菜なのですぐに満腹感が得られ、食欲を抑えてくれます。

ビタミンが豊富に含まれ、脂肪を溜めにくい

野菜スープダイエットには、多くの野菜を使うため、野菜のビタミンが豊富に含まれます。ビタミンはエネルギー代謝を良くする潤滑油のような役割を果たす効果があり、脂肪を溜めにくいのです。

便秘解消

野菜スープはデトックススープとも言われており、水分や野菜の食物繊維を豊富に摂取できるので、便秘解消に効果的です。

糖質の吸収を抑える

野菜に含まれる食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、水溶性食物繊維は、糖質の吸収を抑える効果があります。糖質は脂肪となりやすいため、野菜スープはダイエットに効果的と言えます。

体を温めて脂肪燃焼

野菜スープは体を温めてくれて、体に溜まった脂肪を燃焼しやすくします。ダイエットだけではなく、冷え性の改善にも役立ちます。

野菜スープダイエットを効果的にする方法

・野菜スープにすると、より効果的にダイエットを出来る野菜

1、ビタミンが多い野菜‥ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草
2、不溶性食物繊維が多い野菜‥芽キャベツ、ブロッコリー、ゴボウ、ネギ
3、水溶性食物繊維が多い野菜‥ゴボウ、ほうれん草、にんじん、パセリ

・野菜スープを食べるタイミング

野菜スープを食べるのであれば、夜ごはんの初めに食べるとより効果的です。夜ごはんは、つい食べ過ぎてしまいます。しかし、夜は食べたものを消費できずに脂肪となりやすいため、夜ごはんの最初に野菜スープを食べると、食べ過ぎを防いでくれます。

野菜スープダイエットは、体にも良い成分が多く含まれており、健康にも美容にも良いダイエット方法です。また、便秘や冷え性改善にも効果的ですので、女性には嬉しいダイエット法ですね。大量に作り置きも出来るので、おかずとして一品プラスしてみると良いでしょう。

1週間脂肪燃焼スープダイエットも一時期流行りましたが、かなりきついです。

スープだけのダイエットよりバランスよく食べてダイエットするように心がけましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でモテジョをフォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします