2017年8月15日更新

美容

高級アルコール系?せっけん系?アミノ酸系?自分に合ったシャンプーの選び方

シャンプー選びは何を基準にしていますか?CMでやっていたから、安かったから、という理由で安易に選んでしまうと、後に頭皮トラブルを起こしかねません。シャンプーに含まれる成分と種類を知り、自分の頭皮タイプに合ったシャンプーを選びましょう。
シャンプーは、洗浄成分・界面活性剤により大きく三つに分けられます。それぞれを紹介していきましょう。

高級アルコール系シャンプー

高級とは、炭素数の大きさを示しており、この炭素数が大きいほど洗浄力が強いと言われています。代表的な成分は、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウム。これらは石油由来の界面活性剤で、ドラッグストアなどで購入できるシャンプーのほとんどに含まれています。
泡立ちが良く、洗い上がりがさっぱりとし爽快感を得られやすいのが特徴です。

洗浄力が強いため、頭皮の脂を落とし過ぎてしまうことも。頭皮が乾燥しており、フケ・かゆみの強い方には向かないシャンプーです。オイリー、ノーマルな頭皮を持つ方には使いやすいシャンプーと言えます。

せっけん系シャンプー

せっけんを主成分としているシャンプーです。
シンプルな原料で無添加のシャンプーが多いため、頭皮に安全な成分を求める方には適しています。また、微生物によって分解される生分解性という性質を持つため、自然に還りやすく環境に優しいのも特徴です。

こちらのシャンプーも洗浄力が強く、頭皮の脂を落とし過ぎる傾向にあります。また、アルカリ性のため、髪の毛の栄養分が外へ流れてしまうこともあり、髪の毛が痛んだりごわつくこともあります。

頭皮が敏感、乾燥している方には刺激となりやすいため向きません。頭皮の脂をしっかりと落とし切りたいオイリーな頭皮を持つ方に適しています。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸洗浄成分を主に利用しているシャンプーのこと。アミノ酸はヒトの髪の毛にも存在する成分です。ヒトに近い成分で洗い上げるので、刺激が少なく、髪の毛にアミノ酸を補うことで健やかな発育を促します。アミノ酸の原価が高価なため、高級アルコール系、せっけん系のシャンプーに比べて値段が高くなってしまうのがデメリットです。

敏感肌の方にも優しい洗い心地を感じられるはず。また、保湿力にも優れており、乾燥によるフケ・かゆみに悩む方や、髪の毛がパサつく・広がるという方にオススメのシャンプーです。

刺激が少ない分、オイリー、ノーマルな頭皮を持つ方には、洗浄力に物足りなさを感じるかもしれません。

まとめ

自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶことで、自然と髪の毛も健やかに整ってきます。まずは成分表に目を通し、合わないものは無いかチェックしてみることをお勧めします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でモテジョをフォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします