2018年1月16日更新

メンタル

身体の疲れは脳の疲れ?脳疲労の解消方法

カラダと脳って、深いかかわりがあって、疲れはどちらからもサインを発します。ここでは、脳の疲れにフォーカスを当てて、カラダもココロも一緒に元気になる方法を、たっぷりとご紹介しますね♪

休憩をこまめに入れてお仕事をする!

今では多くの人がバリバリと働く時代。お仕事をしていると、カラダも使うし、考えたり集中することが多くなって、脳も一緒に疲労を感じます。

この場合は、一気にお仕事をやろうとするのではなく、キリのいいタイミングを見計らいながら、休憩を取るようにしましょう。

カラダをグッと伸ばしたり、温かい飲み物で5分程度休むと、ココロとカラダ、脳の疲れがリセットされ、これからはじめるお仕事の効率を高めてくれます。

外の空気や緑に触れよう♪

脳の疲れを感じたときは、新鮮な空気を求めて外に出てみましょう。緑の多い場所でただ座っているだけでもリラックスでき、ぼんやりすることが脳の疲れを軽減します。

自分の好きな場所や居心地のよい場所をいくつも見つけて、疲れたときのオアシスをつくっておくこともオススメです。

お酢や鶏肉を使った食事をしよう★

お酢にはカラダと脳の疲れを発散できるクエン酸やアミノ酸が豊富。酸味がほどよく脳を刺激するのではちみつと水で薄めて飲むこともオススメです。

鶏肉には、カラダやココロ、脳の根本的な慢性疲労を回復するイミダゾールペプチドが豊富に含まれ、脳の酸化を防ぎ、細胞を活発にしながらエネルギーをチャージしてくれます。

お昼寝を積極的に!

疲れた脳は、時間をかけて休ませることがもっとも効果的なポイント♪1時間のお昼寝をしただけでもカラダの疲れやコリがほぐれ、脳もリフレッシュされた状態になります。

お仕事や育児、そのほかの忙しさで休日になったタイミングは、お昼寝の習慣を持つこともオススメです。

少量のお酒には脳の疲労回復効果が!?

アルコールは飲み過ぎなければ、いろんなメリットをもらたしてくれるよい部分もあるんです。少量のアルコールを食後に飲むことで、血流が活発になり、脳に健康な血液が流れ込むことで疲労を回復できたり、ココロのストレスだって解消できちゃいます♪

バスタイムでたっぷり汗をかこう!

バスタイムでは湯船に浸かり、たっぷりと汗をかくことで高まっていた脳やカラダのココロを軽減します。ぬるめのお湯にじっくりと浸かるだけで汗をかくので、水分を摂りながらバスタイムを楽しんでみましょう。

おわりに

脳の疲れには、たくさんの対処法があるんですね♪ときに頭痛をともなうこともある脳の疲れ…。ライフスタイルに支障をきたさないためにも、健脳生活を心がけていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でモテジョをフォローしよう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします