2017年8月6日更新

美容

長風呂はお肌カサカサの原因?美肌になれる入浴の仕方

寒い季節の入浴は気持ち良く、ついつい長風呂してしまいますよね。美容のためにと、長風呂する女性も多いかと思います。しかし、長風呂には潤いを与えるどころか、肌をカサカサにしてしまう場合があるのです。美肌になるためには、正しい入浴方法があります。
長風呂が肌をカサカサにする原因と、美肌になれる入浴の仕方についてご紹介致します。

1.長風呂が肌乾燥の原因?

体の冷え予防やリラックス、美容のためにと長風呂する人も多いです。モデルの美容法としても、湯船に長く浸かるとテレビや雑誌で取り上げられています。確かに入浴には、血行を良くし新陳代謝を高めるという良い効果がありますが、あまり長時間の入浴はかえって肌に負担をかけてしまいます。長時間の入浴は、皮膚表面の皮脂やセラミドが流出し、角質が水を保てなくなり、肌の水分を失う事にもなります。その結果、カサカサの乾燥肌にしてしまいます。

薬用の入浴剤も販売されているので自分にあった保湿入浴液を入れてみるのもありですね。

2.肌に負担をかけない入浴ポイント

肌に優しい入浴法では、お湯の温度は38〜40℃で長くても15分程度が良いとされています。42℃以上の熱い温度ですと、かゆみの原因物質であるヒスタミンがでてきたりと肌へ悪影響と言えます。
では、このポイントを踏まえた上で肌に優しい入浴方法をご紹介致します。

3.肌に優しい入浴方法

・入浴する前に、体にお湯をなじませる。洗顔同様、まずはお湯を肌に湿らせてから湯船に入ります。
・湯船に浸かってから15分程度で、湯船からあがります。長時間の入浴は肌へ負担をかけてしまいます。
・体を洗う時は、泡で優しく洗います。ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗う人が多いですが、これは皮脂膜を取りすぎてしまい、乾燥を引き起こしたり、肌を傷つけてしまいます。泡でもホコリや垢は充分落ちます。
・お風呂から上がったらすぐに保湿ケアをします。お風呂から上がった肌は、皮脂や保湿因子が不足しており、水分が蒸散され、最も乾燥しやすいタイミングと言えます。ですから、入浴後はなるべく早く保湿ケアをしましょう。

普段皆さんは、どんな入浴方法をしていますか?間違った入浴法は、肌へ悪影響を与えてしまいます。正しい入浴方法で、潤ったボディを手に入れましょう。

入浴後はボディーケアローションでケアすると乾燥も抑えられます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でモテジョをフォローしよう!

人気コラム

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめのコラム

新着コラム

カテゴリー

気に入ったらシェアお願いします